粘性土は「軟らかい」?「柔らかい」?

粘性土のコンシステンシーの記述において、「軟らかい」「柔らかい」のどちらを用いますか? やはり、「硬軟」というくらいですから、「軟らかい」が良いのでしょうか。それとも、最近の地盤工学会の調査法で用いられる「柔らかい」が適当なのでしょうか。

どちらを用いるにしても、根拠や何に従うかを明確にした上で、報告書のなかでは統一した方が良いはずです。

ちなみに、本サービスでは「軟らかい」を用いています。その理由は、道路橋示方書と国交省の電子納品要領で、「軟らかい」の方が用いられているからです。他にも以下のような理由があります。 “粘性土は「軟らかい」?「柔らかい」?” の続きを読む